スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了

本次介紹的是来/楽零先生的『ロ/ミオの災/難』,有些不太普通的青春校園小説,有著不太平常的開篇和算是普通的結尾
我似乎又陷入“此書很易讀,有空請嘗試“的自然推薦模式了,而事實上,這確實是能想到的最好推薦詞
故事的開篇有些突然,隨後纔是普通的開始講故事,整體發展不能説沒有起伏,不過基本都在預想之内,沒有令人缺乏感想的超展開之類的,基本在幕間部分第二次出現的時候,整個故事的流向都完全明瞭了
而面對這樣的故事,卻完全沒有令人厭煩的地方,很自然的想要閲讀下去,直到看到後記才給出最簡單的感想,“唔,滿好的“
細膩明瞭的感情變化和五個主要人物的互動大概是主要看點,雖然彩頁上有類似恐怖小説或者多角戀的威脅書之類的東西,實際上確實是普通的校園戀愛小説,ボーイ・ミーツ・ガール?不是girls[笑]
具體内容介紹請自行go/ogle,個人方面的笑點,大概是主人公的shak/espeare otaku的發言?
追記:
>>飴色のほうも奈々ちゃん!ゆかなさん!のお二人は当然として
おお~!!
>>前回はみこまじょx飴色でしたが今回も他作品と…とか!
おおおお~!!!!
>>ちなみに乙女色組ではないですっ!wなぜなら怒られた…
やっぱり?(笑

コメントの投稿

Private :

Profile

この広い世界で
君に会えたなんて
奇跡だと思うのさ
ずっと大切にしたいから
君のためのラブソング
-HARCO/山田英二

最近記事
最近光臨
種類列表
方便通道

送禮自用
雲間の月
無断転載
自 己 満 足 宣 言 部   やる気の無いサイトリング  南野ましろ同盟

超健全サイト運営者バナー

海外文盲軍團囧

熱切應援
いろとりどりのヒカリ 応援中!!

『シュガーコートフリークス』応援中!

期間限定
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。